前回(第55回)に引き続き、今回も、オンプレミスのサーバー環境に起こりつつある2大変化について考える。前回は大きな変化の1つめである「ハイパーコンバージドインフラ」の登場とその影響やメリットについて解説した。

 これも前回述べたことだが、サーバー環境を考えるときには、クラウドからオンプレミスまで全ての形態を包含した「広義のサーバー」という視野をもって検討すべき時代になっている。改めて、広義のサーバーの範囲をここで図示しておく。

3つのプライベートクラウドと、パブリッククラウドの比較
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。