ポイントはここ!

■運用管理の負荷軽減を狙い、庁内ネットワークをSDNを使った仕組みに刷新
■移行作業はわずか2日で完了。全庁システムの仮想化基盤への移行にも役立てる

東京都品川区

 東京23区の中でも、交通の便のよさや子育て環境の充実などで人気の品川区。そんな品川区は2015年1月から区役所庁内のネットワークを刷新し、新たにSDNをベースにしたシステムを稼働させた。

 従来のネットワークは、コマンドラインベースの設定変更が必要であり、運用管理負荷の増大が課題となっていた。新ネットワークでは、SDN化によって、GUIによって一元管理できる体制へと移行。今後予定する全庁システムの仮想化共通基盤への移行に向けた、ベースとなるネットワークを構築できた(図1)。

図1●庁内ネットワークをSDN化した品川区
リース期間の更新タイミングで次期ネットワークを検討。これまでの課題を解消するために庁内ネットワークをSDN化することに決めた。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。