直井研究員(以下、直井):所長、今週も実際にあった驚きのローカルルールをお届けしますね。

平野所長(以下、平野):この連載で「私の会社って普通じゃなかったの?」って思う人も多いだろう。

直井:あれ?そうなの?って、初めて気付くこともありそうです。

平野:閉じられた空間にいると、それが当然だと思ってしまうのは理解できる。

直井:でも、ローカルルールをメジャーなルールだと勘違いすると大変ですね。

平野:そうだね。転職して入った会社でローカルルールに直面して「今までと違うぞ……これってどうなんだろう……」と思う人もいるだろう。

直井:ただ、そこで「メールのルールはこうあるべきです!」と言っても角が立ちそうですし、しばらくは会社に慣れるのが精一杯で気付いたらローカルルールにも慣れてしまっているかもしれません。

平野:こういったルールは習慣だからね。「これが正しい」と思ったら違和感を持たなくなる。そうなってほしくないから今回も驚きのローカルルールをご紹介しよう。

直井:メールには絶対こうすれば正解というものがありません。みんなが気持ちよくコミュニケーションを取るために必要なものは何か。いろいろな現場のルールに触れて考えていきたいです。

平野:正解がないからこそ、たくさんのメールを知ってバランスを取ることが重要だね。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。