直井研究員(以下、直井):前回の「驚きのローカルルール」面白かったですね。

平野所長(以下、平野):どうしてこんなルールがあるんだ!これはなんとかしてあげたい。そんな使命感もわき上がってきたよ。

直井:でも、みんな職場を良くしようと思ってしていることなんですよね。

平野:そうなんだ。そこに悪気がないから問題だ。

直井:感情を伝えるために文字に色を付ける。個人情報が漏れないように伏せ字を使う。そうしたことも、みんな仕事を円滑に進めるためにと考えてのことだと思います。

平野:そうだね。でも、視野が狭く自分目線にしかなっていないものもある。何かルールを作るときには、もっと総合的な判断が必要なんだ。

直井:あの面白メールのお話、まだまだありますよね?

平野:まだ20くらいしか見られていないが、合計で100あるよ。似たようなものもあるけど、あと1~2回はこの面白ネタをご紹介したいね。

直井:所長の話はいつも真面目なので、たまにはこういったお話も良いですね。

平野:まあ、否定はしないが。その分、直井さんが笑いを取ってくれると信じているよ。

直井:所長の笑いはBCCなんですよ。

平野:BCC……ボケが、ちょっと、中途半端とか?

直井:本人にしか見えないということです。

平野:まあ、いいや。今日も真面目に面白いメールを紹介しよう。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。