今回は、企業が利用する一般的なファイル共有用途のストレージには何が必要で、何を基準に製品を選択すればよいのかを解説する。

ファイル共有ストレージの種類

 ファイル共有の仕組み(ファイルサーバー機能)を提供するストレージ製品は、大きく三つのタイプに分類できる(図1)。

  • 小規模NAS(少人数用途の低価格なエントリータイプのNAS)
  • 汎用サーバーの利用(Windowsなどの汎用OSと汎用サーバーを組み合わせたタイプ)
  • エンタープライズNAS(大規模環境にも対応できる高信頼・高性能なエンタープライズクラスのNAS)
図1 ファイル共有ストレージの比較
* Network Attached Storageの略で、ファイルサーバー機能を提供する専用ストレージ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでは、エンタープライズNAS製品を選択する際のポイントについて解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。