日経FinTech編集長の原 隆

 約3週間前、LINEスタンプを作って「LINE Creators Market」にリリースしたが、ほとんど売れなかった。初めての試みだったが、たぶんもうやらないと思う。

 作ったのは「ミスターフィンテックの業界用語スタンプ」。もともと作ろうと思ったきっかけは、FinTech業界のコミュニケーションの活性化に寄与できないかという思いからだった。

 そもそも、我々メディアは誰かと誰かを媒介する立場。金融業界とIT業界は様々な点で文化が異なる。服装から始まり、考え方、スピード感、どちらがどうということでもなく、とにかく違う。LINEスタンプをきっかけにLINE IDの交換などでフランクに繋がっていけば思ったが、考えも、見通しも甘かった。

 しかし、せっかく制作したのでこのコラムで活用したいと思う。

2016年年末に起きたAPI公開議論

(ディレクション:エディット、イラストレーション・デザイン:岸本敬子)

 ご覧のとおり、このスタンプは活用方法がかなり限定されてしまう。

 2016年から2017年にかけ、FinTech業界において銀行によるAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)の公開は大きなテーマだった。銀行がAPIを公開することで、スタートアップ企業は銀行の情報を活用した様々なサービスを作り出せる。ひいては、銀行を中心としたエコシステム形成が可能になる。

 だが、API公開で突如、問題が降って湧いた。API公開に伴う改修費用をどこに負担を求めればよいのか、銀行のシステムを開発するベンダーが右往左往してしまったのだ。銀行側なのかスタートアップ企業側なのか。あるベンダーはスタートアップ企業に請求する動きを見せた。結果、Webスクレイピングで情報を取得していたスタートアップ企業からすれば、APIの公開が逆に負担になってしまうという事態を招いてしまった。

 そんなわけで、このようなコンボ(連続)利用を考えていた。

(ディレクション:エディット、イラストレーション・デザイン:岸本敬子)
(ディレクション:エディット、イラストレーション・デザイン:岸本敬子)
(ディレクション:エディット、イラストレーション・デザイン:岸本敬子)

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら