国際プライバシーコミッショナー会議に参加するため、モロッコ・マラケシュに滞在している。今回は所用があったため、パリを経由した。搭乗機はモロッコの航空会社が運航するボーイング787型。新しい機材で定時運行、搭乗も整然と進み、機内食には北アフリカ料理のクスクスも供されて、洗練された印象を受けた。「今回の出張は幸先がいい」。そう思ったのもつかの間、次の経由地であるモロッコの首都カサブランカで問題が起きた。

 夜10時頃に着陸し、接続便のゲートへ向かったのだが、案内が出ない。待つこと数時間、スタッフがまばらになった。聞くと「次便は明朝、当地に1泊するか、手配するマイクロバスで現地へ向かえ」という。早く現地入りしたかったので、バスに飛び乗った。ところが、こちらもなかなか発車しない。窓の外では、急きょ雇われたであろう運転手が、誰かとけんかしている。それが決着したのか、動き出した夜行バスに4時間ほど揺られて、マラケシュに到着したのは翌日の午前だった。

ICT分野で顕在化するギャップ

 パリ・オルリー空港で見た航空会社の人々の第一印象は、筆者にとって違和感のない好ましいものだった。パリというモロッコの人々にとっての「アウェー」で、郷に従ったとも言える。

 それが一転して、モロッコ国内という「ホーム」では粗雑といった印象を受けた。「これくらいでいいだろう」と品質基準を自ら定めて勝手に動き、説明やリカバリーは後回しになっていたように思える。

 このような体験を得て、筆者は古くて新しい「ホーム」と「アウェー」という概念を思い出した。スポーツ観戦などでよく知られている概念だが、ビジネスシーンでもしばしば指摘される。

 その企業や製品が生まれたホームの市場は、もともとそこに向けて製品開発やサプライチェーンが最適化されており、当然強みが発揮される。それは利益をもたらし、アウェーの市場で積極的な展開するための原資にもなる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら