米グーグルが新しいSNSを発表した。「Spaces」と名付けられたサービスは、小人数のユーザーグループがYouTubeをはじめとした他のGoogleサービスを、アプリを離れることなくコンテンツなどを共有できる。さらに、グループチャット機能にも力を入れている。

 ここまでの説明で、「既視感たっぷり」という第一印象を抱く読者も多いと思う。少なくとも筆者自身は、FacebookやLINEなどのサービスを足して割ったにすぎないように思えた。

 もう少しビジネス側に興味のある方であれば、「グーグルも懲りないなあ」という感想も挙がるだろう。SNS黎明期に「orkut」や、その後「Google+(プラス)」とサービスを投入するものの、ビジネスとして軌道に乗らなかった。サイバー空間の巨人であるはずのグーグルにとって、SNSはやはり鬼門のようである。

Gmailに代わる認証基盤を求めたか

 現時点では、それほど深く使ってみたわけではないので、Spacesの成否についての判断は保留したい。一般論としては、米フェイスブックをはじめとしたSNSの先行者たちも既に他方の巨人であり、簡単な競争ではない。ただ、Twitterは世界中で修羅の世界と化しており、Facebook も最近では「SNS疲れ」が目立つ。付け入るスキがないわけではない。

 それよりも筆者は、グーグルがどうしてSNSで何度も「リベンジ」を繰り返すのかに興味がある。

 実は筆者は、グーグルにとって「SNSが必要な理由」を、同社の“中の人”と話したことがある。そのやり取りを踏まえたあくまで筆者自身の私見だが、グーグルは「Gmail(およびそのメールアドレス)に代わる認証管理基盤」を求めているのではないだろうか。

 Webメールサービスはおろか、電子メールの代名詞的な存在となったGmailは、ベイジアンフィルターを用いた優れたスパム対策と、アーカイブしたメールの検索性の高さによって、電子メールそのものを“延命” させた。実際、Gmailの機能を使わずにメールを使っていたら、スパムやウイルスで一瞬のうちに機能不全に陥るだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら