4月14日以降、熊本県を中心に大規模な地震が続いている。本稿執筆時点では大きな余震も続いており、また避難生活が困難を極めているとの情報も多く耳にする。被害に遭われた方にお見舞い申し上げるとともに、こうした状況は残念ながらまだ続くと思われるため、何卒ご無理のないように過ごしていただければ幸甚である。

批判にさらされたLINE Out

 本稿執筆時点では、被害の全容はいまだ明らかではない。今回もICTに関連した様々な課題が生じている。TwitterやFacebookなどのSNSで飛び交うデマ、災害用伝言板の使いにくさ、キャリアWi-Fi無料開放のそろわない足並み──。そうした中で今回、波紋を呼んだのが、LINEによる通話料の無料化という措置である。

 LINEから固定電話・携帯電話への発信を可能にする「LINE Out」は、通常は当然ながら課金対象である。今回LINEは、被災地への安否確認などの利便を図るため、1通話最大10分まで無料とした。

 ところがこれが、Twitterなどで多くの批判にさらされた。まとめると、ただでさえ輻輳が起きている状況なのに、むしろ電話利用を助長して輻輳に拍車をかけるとは言語道断、という意見が大勢だったように思う。

 確かに、トラフィックが集中すると輻輳を来すのは、多くの人が理解している。回線交換網の構造からも明らかだ。従って、トラフィック需要が逼迫しやすい災害発生時には、できるだけトラフィックを発生させないことが必要で、それが通信事業者による発信規制の根拠でもある。

 しかしこれは、あくまで対象が「回線交換網」の中に閉じた電話の場合に限った話だ。それを、今回のLINEの対応にそのまま敷衍することが、本当に妥当なのだろうか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら