AI(人工知能)によって大変革の時代がもたらされる──。ICTの仕事をしていると、こんなフレーズを発した瞬間に「オオカミ少年」扱いされてしまうのは百も承知だ。しかしこのところ、そう言いたくなる気分が強くなっている。

 2月に総務省情報通信政策研究所コンサルティングフェローを拝命した。目下の最大の研究対象はAIだ。同研究所は以前からシンギュラリティー(技術的特異点)の分析を進めており、昨夏には報告書も公表した。その後の検討を手伝った経緯もあり、年明けから総務省で開催されている「ICTインテリジェント化影響評価検討会議」の構成員として討議に参加している。

 この検討会がとにかく面白い。同研究所が標榜する「インテリジェントICT」、すなわちAIが情報通信ネットワークにより高度に普及・定着した未来像について、工学、法学、経済学、社会学、さらには哲学に至るまで、国内の幅広い若手エキスパートによる侃々諤々の議論を重ねている。

 検討会の中で最新動向に触れると、「これはとんでもないことが起きている」と思わざるを得ない。それこそ、ビジネスパーソンとしてだけでなく、子育て中の親という一人の生活者・人として、その重大さを感じている。

人が検証できない領域に

 例えばAIを考えてみても、現在の深層学習によってもたらされる解析の「過程」は、もはや開発者であっても理解が困難になり始めている。従来のように「ログを基にした検証」を試みても、そのログがAIの振る舞いを正しく記述できているか、既に怪しい。

 一方で解析の「結果」は、間違いどころか、むしろ人よりも正確だったりする。先日、囲碁でAIが人を打ち負かすということが大きく報じられたが、確率論とパターン認識で収束するボードゲームのような領域であれば、もはや人が勝つと考えること自体が無理筋なのかもしれない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら