東日本大震災から5年が経過しようとしている。毎年この時期になると、本稿で震災や復興のことに触れているが、今年は改めて悩んでしまった。

 諸般の事情で、震災直後から被災地に入る機会を得たこともあり、筆者自身の被災地への思いは強いほうだ。だからこそ復興支援を続けているが、最近では「手伝う」の前に「まだ」という言葉が付いてしまうほど、復興に関わる人は減りつつある。

 それに呼応するように、被災地への視線も厳しさを増している。それこそ「これほどお金を使ったのにまだ復興できていないのか」という声を聞くこともある。実際は、このような声はまだよいほうだ。たまに被災地を表面的に見渡しただけで「復興はかなり進んでいますね」という評価が下されることもある。

 言うまでもなく、復興の進捗は地域によって大きな差がある。進んでいるところもあれば、遅々として進まないところもある。

 それは東日本大震災で被災した範囲が、あまりに広いからだ。政府が復旧・復興の対象を「被災三県」と集約したことの影響かもしれない。実際には南は千葉から北は北海道まで、南北1000キロメートル余りの沿岸部を中心に被害が生じた。復興予算の比較として、阪神・淡路大震災がしばしば引き合いに出されるが、それだけ広域で甚大な被害が生じたことの裏返しでもある。

「被災地」というくくりが乱暴だった

 被災地の厳しい状況は、震災だけが影響しているのではない。例えば被災地の人口転出のトレンドに目を向けると、震災直後こそ特異な状況だったにせよ、実際は震災前とさほど変わっていない。状況が厳しいのは被災したからだけではなく、日本中の多くの地方部の状況と同じ。つまり日本の地方部すべてが厳しいのである。

 だとしたら「被災地も、自らの足で立ち上がるための努力をすべき」という意見が出るのも自然なことだ。さらに言えば「被災地」という言葉自体も、今となっては適切ではないのかもしれない。

 なにしろ被害地域が広かったということは、「被災地」というくくり方自体が乱暴だったことでもある。実際、三陸に限っても、南北で文化は微妙に異なる。さらに隣接した福島県と宮城県でも異なる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら