「1000円のヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)が売られているらしい」。筆者はHMD関連の取材を進めていくうちにこんな情報を入手した。そのHMDとは、スマートフォンと組み合わせてバーチャル・リアリティ(VR)映像を体験できるダンボール製の「ハコスコ」だ(写真1)。

写真1●ダンボール製のHMD「ハコスコ」をかけた筆者
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●米オキュラス VRが提供するオキュラスリフトをかけたところ。装着すると潜水メガネをかけたような見た目になる
[画像のクリックで拡大表示]

 HMDは頭部に装着するディスプレー装置のことで、米オキュラス VRの提供するオキュラスリフト(写真2)や、ソニーの提供するHMZ-T3などがある。韓国サムスン電子も、米オキュラスと共同開発したHMDを2014年12月に発表している(関連記事:Samsung、VRデバイス「Gear VR Innovator Edition」を米国で発売)。

 VR映像とは、 コンピュータグラフィックスや実写の映像などをディスプレーに投影して、あたかもその場にいるかのような体験ができる映像のこと。例えばHMDのディスプレー部分に、住宅の内部から見た映像を投影して、住宅の内装を仮想的にチェックするなどの実用例がある(関連記事:ヘッドマウントディスプレーでバーチャル住宅内覧が実用化)。

 ハコスコは、理化学研究所 脳科学総合研究センター 適応知性研究チームの藤井直敬チームリーダーが、2014年7月に創業した同名のベンチャー企業が提供するHMDだ。名前の由来は「箱+スコープ」。レンズをつけたダンボールと、スマホを組み合わせることで、手軽にVR映像を体験できるという(写真3)。なお1000円の段ボール製のほかに、3000円のプラスチック製「ハコスコDX」もある。ハコスコならば「スマホの性能でも、十分にバーチャルな映像を体験できる」と藤井氏は言う。

写真3●ハコスコはスマートフォンを差し込んで利用する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら