パソコン、検索エンジン、スマートフォン、クラウド……。「デファクト・スタンダード」を握る競争において、日本は負け続けてきた。また一つ、負けてしまうのではないかと懸念されているのが、「量子コンピュータ」だ。

 実現は早くても21世紀の後半と言われてきた量子コンピュータだったが、いつの間にか開発が進み、2010年にカナダのベンチャーであるD-Wave Systemsにより商用化され、販売が始まった。

カナダのD-Wave Systemsが開発した量子コンピュータのチップ
(出所:D-Wave Systems)
[画像のクリックで拡大表示]

 その性能をテストしていた米グーグルとNASAが、2015年12月に「従来型コンピュータより1億倍高速」と発表したことで、北米で熱狂が巻き起こった(関連記事:「D-Waveの量子コンピュータは「1億倍高速」、NASAやGoogleが会見」)。次の覇権を握ろうと、グーグルや米政府も独自に量子コンピュータの開発競争に名乗りをあげた。

日本が先行していたはずなのに……

 日本でも、2000年頃までは量子コンピュータの基礎研究で成果をあげていた。ところが現在は、かつての勢いがない。

 実はD-Wave Systemsが開発した量子コンピュータは、「量子アニーリング」という従来とは異なる方式なのだが、それを1998年に発案したのは東京工業大学の西森秀稔教授だった。また、量子コンピュータの“心臓部”である「超伝導量子ビット」についても、1999年に初めて開発に成功したのはNECの研究所だった。

 つまり、コンセプトや要素技術は日本生まれなのだが、実際にハードウエアを作り、応用への道筋をつけようと盛り上がっているのは北米なのである。

 ぜひ、日本でも「ものづくり大国」の意地をかけて、量子コンピュータの開発を……と思う方もいるかもしれない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら