2008年からしばらく、「ネットブック」という分野の格安小型ノートパソコンが世界的に人気を集めた。日本でも、ASUS JAPANの「Eee PC 4G-X」(図1)を皮切りに、5万円前後で購入できるさまざまなネットブックが登場した。当初はASUS JAPAN、日本エイサー、日本ヒューレット・パッカードなどの外資系メーカーが中心だったが、のちに東芝などの国内メーカーも追随した。

[画像のクリックで拡大表示]
図1●国内で初めて発売されたネットブック「Eee PC 4G-X」

 ネットブックが実現したのは、米MicrosoftがWindows XPに「ULCPC」(Ultra Low-cost PC)というライセンス形態を導入し、低スペックパソコンに格安でWindows XPを提供したからだ。また同時期に米Intel社が低価格・低消費電力CPUの「Atom」を発表したことにより、格安パソコンが作りやすくなった。のちには、Microsoft Officeにもコストを抑えられる「2年間ライセンス版」が登場した。

 ULCPCの基準に合わせるため、ほとんどのネットブックは似たようなスペックになった。2008年には、Atom N270(1.6GHz)を搭載し、メモリー1Gバイト、ハードディスク160Gバイト(またはSSD16Gバイト)、1024×600ドット表示の8.9型液晶ディスプレイという製品が大量に登場している。円高で実売価格が4万円前後に落ちたり、イー・モバイル(当時)が、通信端末をセットにした「100円PC」を売り出したりしたこともあり、一時はノートパソコン市場の20%をネットブックが占めるほど普及した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら