米マイクロソフトは2014年11月13日、統合開発環境「Visual Studio」の次期版「Visual Studio 2015」のプレビュー版を公開するとともに、無償版の新エディション「Visual Studio Community 2013」を発表、公開しました。いずれも、オープン化やクロスプラットフォーム化を推し進める同社の戦略を色濃く反映した製品となっていて、話題となっています。

 個人開発者や中堅中小企業の開発者が特に期待しているのは、無償版の「Visual Studio Community」(以下、Community)でしょう。Visual Studioには、これまでも無償版の「Visual Studio Express」(以下、Express)がありましたが、Expressには機能的な制限がありました。一方、Communityは、従来の「Visual Studio Professional」(以下、Professional)に相当する全機能を利用できるとされています。Professionalの通常版(MSDNなし)は5万円以上しますので、それがタダになると聞いて驚かれた方も多いはずです。

 もちろん、Communityには利用できるユーザーに条件が付けられているなど、Professionalが単に無料になったわけではありません。そこで、Communityとはどのような製品なのか、利用の条件は何か、これを提供するマイクロソフトの狙いは、などの点をまとめてみたいと思います。

Visual Studio Communityの発表時のプレゼンテーション(マイクロソフトによる公開動画より)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら