「プロプライエタリなソフトウエアの開発企業」。これが、かつての米Microsoftの典型的なイメージでした。オープンソースやLinuxを敵視し、パッケージソフトウエアのライセンスビジネスに邁進していたのです。

 私は、そんなMicrosoftの姿勢の“原点”を、休刊したパソコン雑誌「日経バイト」に書いたことがあります。同誌2003年11月号の特集「オープンソースの魔力」から、その箇所を引用しましょう。

 ソフトウェアの共有は別に新しい概念ではない。ソフトウェアの黎明期からあったものだ。むしろ,「コピーは善」とする共有文化の考え方に対し,ソフトウェアをビジネス化する目的で「コピーは悪」とする考え方が後から台頭してきたのである。これを象徴するのが,米Microsoft社(当時は米Micro-Soft社)を設立したBill Gates氏が1976年に書いたユーザーへの抗議文「An Open Letter to Hobbyists」である。この中で同氏は,Microsoftが開発したAltair BASICの“ユーザー”のほとんどはコピーした製品を使っており,実際に購入したユーザーは10%にも満たないと指摘。「ソフトウェアを盗んでいる」と激しく非難した。

 コンピュータの黎明期にあった素朴なソフトウエア共有文化は、ソフトウエアで収益を上げようとするMicrosoftにとっては障害以外の何者でもありませんでした。ですから、共有文化の申し子であるオープンソースもLinuxも、Microsoftにとっては“敵”だったのです。

 ところが、そうしたMicrosoftの姿勢がここに来て激変しています。かつての姿勢が信じられないくらい、オープンな戦略を次々に打ち出しているのです。2014年2月にSatya Nadella氏が同社のCEO(最高経営責任者)に就任したのが大きく影響しているのでしょう。以前からの取り組みが今、花開いているという面はあると思いますが、「CEOが交代するとこんなに企業は変わるものなのか」というのが正直な感想です。

Android/iOSアプリを開発できる

 Microsoftがいかにオープンな企業になったのか。同社が2015年7月に公開した統合開発環境「Visual Studio 2015」を例に説明しましょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら