2014年9月6日、オブジェクト指向の関数型プログラミング言語「Scala」に関する大規模カンファレンス「ScalaMatsuri 2014」が開催され、筆者も参加した(写真1)。当日の様子をレポートしたい。

[画像のクリックで拡大表示]
写真1●会場の様子

 Scalaについては、名前は聞いたことがある方も多いと思う。2003年に生まれたオープンソースのプログラミング言語で、コンパイル後はJava VM上で動作する。Javaの既存資産を引き継ぎつつ、Javaにはない新たな言語の特徴を生かせることから、今後が期待されている言語の一つである。

 Scalaは海外では、米Twitterや米LinkedInなどが利用していることで知られ、ネット企業を中心に普及しつつあるが、今年の同カンファレンスでの発表を聞いて、国内のネット企業でも、もはや当たり前のように使われる状況になったのだと実感した。

 国内でのScalaのユーザーとしては、ドワンゴ、エムスリー、シャノン、GMOメディア、アスタミューゼ、ブレインセラーズ・ドットコムといったネット企業、フリュー、芸者東京エンターテインメントといったソーシャルゲームの企業、NTTデータ先端技術、ディーバ、アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング(ASE)といったエンタープライズ領域の企業などがある。今回のイベントではこうした企業に加えて、グリーやはてなといった著名なネット企業でのScala事例も発表されていた。

昨年に続いて2回目、来場者は倍増

 日本でのScalaの大規模カンファレンスは、昨年に続いて今回が2回目だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら