社会インフラのあらゆる場面にセキュアなIoT(インターネット・オブ・シングズ)を使ったらどうなるか──。それを実証する壮大な実験が始まろうとしている。

 認証ベンダー大手のサイバートラストは、多くのパートナー企業の協力を得て、様々な分野でIoTの実証実験を行ってきた(写真1)。2016年9月30日には、実証実験で使った技術をIoT向け電子認証サービス「セキュアIoTプラットフォーム」として提供開始し、25社のパートナーから賛同を得た。

写真1●左からサイバートラスト技術本部の東久貴本部長、セキュアIoTプラットフォーム推進事業本部の白水公康部長、マーケティング本部の佐々木憲二本部長
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験は場所も時間もバラバラ。2017年にはそれらを1カ所でまとめて行い、社会インフラを丸ごとセキュアIoT化すると何が起こるかを確かめる実験を実施する予定だ。同社はそれを「IoT Sim City」と称している。

 同社がこれまでに手掛けたIoT実証実験は以下の七つ。

  1. リアルタイムモニタリング
  2. セルフレスキュー(宿泊型防災訓練)
  3. ドライバーズ認証
  4. メンタルヘルス対策
  5. ドローン
  6. トラステッドビーコン
  7. インバウンド

 いずれも興味深く、示唆に富んでいる。これらの内容を紹介したうえで、それらを組み合わせて都市全体をIoT化する今後の展開について考えてみたい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら