消費者と店舗などとの間の決済への関与を狙って、米IT大手の動きが活発になっている。スマートデバイス向けの外付けカードリーダーを利用した店舗向けのカード決済サービスは、ベンチャーの米スクエアが先陣を切った後、米ペイパルなどが追随し、この8月にはEC(電子商取引)最大手の米アマゾン・ドット・コムも参入した。

 米アップルは、9月に発表したスマートフォン新機種「iPhone 6/同Plus」に、日本のおサイフケータイと同様のNFC(近距離無線通信)によるモバイル決済サービス「Apple Pay」を追加した。

 米グーグルは、2013年11月にリリースしたAndroid バージョン4.4に、決済に用いるカード情報をスマートデバイス内のICチップ(セキュアエレメント)ではなく、インターネット上のサーバーで管理する「HCE(Host-based Card Emulation)」機能を実装済みである。

 アマゾンなどの取り組みは店舗側のカード決済インフラのすそ野を広げるアプローチであり、アップルやグーグルの取り組みは消費者向けのサービスを強化するものである。ターゲットに違いはあるが、決済関連サービスを自社のビジネスに取り込もうとする狙いは共通している。

サイバー攻撃対策で決済インフラの更新が加速

 各社が決済ビジネスを強化する背景には、米国の決済インフラが今後数年で更新・置き換えが大きく進展するという展望・期待があるようだ。原動力となるのが、多発するカード偽造犯罪への対抗措置である。

 米国はICチップカードの普及が世界で最も遅れている国であり、結果として磁気ストライプカードの偽造による犯罪に狙われ続けている。例えば2013年末から2014年初めにかけて、米小売り大手ターゲットでは、全米の店舗で使われた約4000万件のクレジットカードやデビットカードの情報と、約7000万人分の氏名、住所などの情報漏えいが判明した。

 同時期には高級百貨店ニーマン・マーカスでも、最大110万件の顧客カード情報が漏えいした。情報を流出させたマルウエアは、POS(販売時点情報管理)端末を含む決済システムに数カ月間も潜み、カード情報を窃取していたと見られている。9月に発覚したホームセンター大手のホーム・デポへのサイバー攻撃では、ターゲットを上回る5600万件もの顧客カード情報が流出した恐れがある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら