100円で20分間、スマートフォンやパソコンを外出先で充電できる。そんなサービスの実証実験が東京都内で始まった。サービス名は「espot」(http://espot-charge.com/)。誰でも、どこでも使えることを目指して「公衆電源サービス」とも呼んでいる。東京電力エナジーパートナー、ソニービジネスソリューション、関電工の3社が実施する。期間は2016年8月23日から2017年1月9日まで。港区や千代田区などにあるローソンや大戸屋など、約30カ所で利用できるというものだ。

写真1●espotの充電端末。FeliCa対応でカードをかざすだけで、充電できる。
(出所:東京電力エナジーパートナー)
[画像のクリックで拡大表示]

 各店舗には、USBポートと電源コンセントが用意された端末があり、そこに機器を接続して充電する(写真1)。決済方法は2つあり、FeliCaを内蔵したカードを購入するか、QRコードをモバイル端末で読み取るクレジットカード決済を利用する。筆者はFeliCaを内蔵したカードを入手して試してみたが、機器を接続して、スイッチを押して、カードを端末にかざすだけ。あとは20分間、充電が終了するのを待つだけ。操作はきわめて簡単だった(写真2、3)。

写真2●決済に使うカード。5度数/500円(税抜)のプリペイドカード。1度で20分充電できる。FeliCaを内蔵していて店舗でお金を払ってチャージができる
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●充電する端末の上部にQRコードが付いていて、そこからWeb決済のサイトを利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 確かにスマートで、使いやすい。一方でモバイルバッテリーが普及するなか、本当に“公衆電源”のニーズはあるのだろうか? 開始からほぼ1カ月以上たったところで、その現状について、主導する東京電力エナジーパートナーに聞いてみた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら