ある農業関係者から聞いた話だ。一部伏字にする。

 「(海外の)『●●●●式農業がすごい』って持ち上げられてるけど、それは罠じゃないか。こちらの栽培ノウハウを持っていかれるだけではない。ノウハウを持っていきつつ、種、肥料、農薬をセットアップしていく。『これらをうちから買いなさい』となる。あの会社が日本に現地法人作るでしょ。そこが販売権を持って販売するんですよ」

 何の話かというと、クラウドベンダーにおける“ベンダーロックイン”と同じような話が農業ITの世界で起こっていて、それに対する危機感を持っている人がいるということだ。ただし、そうした“ベンダーロックイン”があったとしても、ビジネスとして農業が成功し、農業者が恩恵を受けられるのであれば、それはそれで悪いことではないのかもしれない。

 いずれにせよ現状、農業のIT化に関して脚光を浴びているのは外資系、国内企業問わず、大手ベンダーが提供するソリューションが中心だ。しかし、こうした“上から”のIT化とは別の、“オルタナティブ農業IT”ともいえる動きが現場から出始めている。耕作放棄地の増加、農業者の高齢化・減少といった様々な問題を肌で感じている現場が、それらの解決を目指し、自らITを駆使して農業を変えていこうとしているのだ。

 この記事ではそんな農業に挑戦しているフューチャアグリ代表取締役社長の蒲谷直樹氏の取り組みを紹介したい(関連記事:ベンチャーのクラウドサービスでノウハウ共有、来年は小型草刈りロボットが駆け回る)。誤解のないようにあらかじめお断りしておくが、冒頭の発言は、蒲谷氏の発言ではない。

ロボットのイメージは「まっくろくろすけ」

 蒲谷氏は何に取り組んでいるのか。一言で言えば、ロボット農業、センサー農業である。ただし、ロボットやセンサーはあくまでも手段である。蒲谷氏が目指す農業は、経営学、品質工学、生物学、設備工学、IT、ロボティクスの視点から農業を捉え直し、生産技術体系を再構築すること。つまり農業の革命に蒲谷氏は挑んでいるのだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら