Pythonというと、日本では長らくややマイナーな存在でしたが、ここに来ていきなり、最も重要なプログラミング言語になった感があります。もし、“PRG48”というグループがあって、“プログラミング言語総選挙”をやったとしたら、人気急上昇で1位になりそうな勢い…。すみません、つまらない例えをしてしまいました。

 Python人気の最大の理由は最近の人工知能ブームでしょう。「TensorFlow」や「scikit-learn」といった機械学習の有名ライブラリがPython向けに提供されているので、「人工知能や機械学習を学ぶならPython」という認識が広まっています。

 書店の技術書売り場へ行くと機械学習をPythonのコードとともに解説する本が何冊も並んでいます。この出版不況のご時世に、お世辞にも簡単とは言えない機械学習の本が何冊も出ている状況は、日本のソフトウエア業界の未来は案外明るい、と思わせてくれます。

 また、小型コンピュータ「Raspberry Pi」の公式プログラミング言語の1つがPythonであることも、Pythonの人気を高めている理由だと思われます。

 筆者は恥ずかしながら、これまでPythonをちゃんと勉強したことがありませんでした。そこで3連休に自宅でいろいろ調べてみたところ、予想以上にプログラミング環境が整っている点に驚きました。Pythonだけで大抵のことができてしまいそうです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら