アップルの音楽配信サービス「Apple Music」が登場して2カ月が過ぎ、お試し期間の3カ月の終わりが見えてきた。ほとんどのユーザーが、このまま使うべきかどうかを考えないといけない、と思い始めたタイミングで、グーグルが強烈な一撃を放った。

写真1●Google Play Musicのトップ画面
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年9月3日、グーグルは月額制の音楽サブスクリプションサービス「Google Play Music」(https://play.google.com/music/listen)を日本でも提供開始すると発表した(写真1)。Google Play Musicは米国で2015年6月に開始したもの(関連記事:Google、無料の音楽配信サービスを米国で開始)。6月時点では、日本でサービスを展開するかどうかは、触れておらず、海の向こうの話だった。それが9月3日から使えるようになっていたのだ。それも、6月の発表時点は、曲数が3000万曲で、聞き放題の使用料は月額9.99ドルだったものが、9月3日には、3500万曲を月額980円で聞き放題と増強されていた。さらに2015年10月18日までに申し込めば、以後月額780円で使用できる、という魅力的なプランも用意した。明らかにApple Musicに対抗する構えだ。

 Google Play Musicは、月額980円で3500万曲から聞き放題となる音楽配信サービスと楽曲を購入できるストア、そしてユーザーの手元にある音楽を最大5万曲までグーグルのクラウドに保存できる「ロッカー型サービス」から成り立っている。月額980円の有料版と無料版があり、無料版の場合、ロッカー型サービスは使えるが、3500万曲からの聞き放題サービスは利用できず、広告が入ったりする制限がある。以下では有料版に登録して、主な機能を5日間、使った体験をつづってみたい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら