アップルの製品発表イベントが現地時間2016年9月7日に開かれる。新iPhoneが発表されると目されている。名称が「iPhone 7」になるとの話も含め、いろいろなリーク情報が飛び交っている。実際にどうなるかは発表を待たねばならないが、注目したい10のポイントをまとめてみた。

ポイント1 3CC CAに対応するか

 複数の周波数帯域を束ねて伝送容量を増やし、高速化する技術が「キャリアアグリゲーション」(CA)だ。また、束ねる周波数帯域の数を表す用語として、CC(コンポーネントキャリア)がある。2つを束ねるのが2CC、3つを束ねるのが3CCと呼ばれる。

 国内の3大携帯電話事業者は、2015年11月のNTTドコモを皮切りに、2016年にKDDIとソフトバンクも3CCの商用サービスを開始している。各キャリアによって周波数帯域の使い方が異なるため、最大伝送速度も若干違ってくる。

 例えばNTTドコモのサービスでは、2GHz帯と1.7GHz帯の2CCでは最大受信速度が262.5Mbps。これに800MHz帯を加えた3CCでは、最大受信速度が375Mbpsとなる。

 3CCを利用するには、端末側の対応も必要だ。ところが、iPhone 6s/iPhone 6s Plusは端末仕様として対応するのは、2波を束ねる2CCのみ。3CCには未対応だ。

 262.5Mbpsと375Mbpsの差をどう見るかは人それぞれかもしれない。ただ、iPhoneの更新タイミングは1年に1回なので、今回対応しなければ来年まで待たされることになる。今回の新iPhoneでぜひ対応してほしいところだ。

ポイント2 3.5GHz帯に対応するか

 LTE向けの新たに追加された帯域として3.5GHz帯がある。NTTドコモは2016年6月に、対応端末と併せて、3.5GHz帯の商用サービスを開始した。主に人が密集するエリアでスポット的に使われると言われており、快適に使えるようになると期待される。

 ただ、3.5GHz帯は、モバイル用の周波数帯としては、既存帯域よりもかなり高周波なので、技術的なハードルも高そうだ。実際、ドコモの端末は、スマートフォンではなくモバイルルーターである。

 新iPhoneが対応する可能性はあまり高くないかもしれないが、期待せずに待ちたい。

ポイント3 背面からDラインが消えるか

 iPhoneきょう体は金属で出来ている。例外は、上下にある白い樹脂のラインで、いわゆる「Dライン」だ。

 Dラインは金属きょう体の一部をアンテナとして使うため、樹脂で分けたものだ。デザインは人の好みによるところが多いので、ひょっとしたらこれを気に入っている人もいるかもしれないが、個人的には見苦しく感じる。普段使っているときには気にならないものだが、ふと背面を眺めると、やはり気になってしまう。

 様々なリーク情報によると、新iPhoneからはDラインが消えるという。これはぜひ実現してほしい。

 技術的な観点から言うと、アンテナの実装としてどのように工夫したのかも気になる。こちらは、発売されてから実機を分解してみないと分からないだろう。

ポイント4 ベースバンドプロセッサーのメーカーが変更になるか

 一般ユーザーから見るとマニアックな話題だが、業界的には大きな話題の1つと言えるかもしれない。

 ベースバンドプロセッサーは、スマートフォンを構成する基幹部品の1つ。端末のLTE通信の高速化は、このブロードバンドプロセッサーによるところが大きい。

 今回、このベースバンドプロセッサーの供給元に異変があると噂されている。これまでiPhoneのベースバンドプロセッサーはクアルコムが提供してきた。それがインテルに代わるというのだ。

 ベースバンドプロセッサーの全量をインテルが供給するのか、それともモデルごとにインテルとクアルコムを使い分けるのか、不明だ。もちろん、インテルが供給すること自体確実な情報とは言えないが、これが実現すれば発表会中で言及があるかもしれない。

 これに関連して、もう一つ面白い観点がある。実はiPhone 4までは、クアルコムではなくインフィニオン テクノロジーズが供給してきた。そして、インテルのベースバンドプロセッサー部隊は、このインフィニオンから買収したのだ。この意味では、もしインテル製のベースバンドプロセッサーが採用されるとなると、一種の先祖返りとも考えられ、興味深い。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら