つい最近、自宅で使っているデスクトップPCのHDD(ハード・ディスク・ドライブ)が故障した。デジタルカメラで撮影した1996年からの全ての写真、家族を写した動画ファイル、過去に作成したドキュメント、音楽CDやCD-ROMのイメージファイル、スマートフォンやタブレットなど様々なデバイスから集約したデータなどが、3テラバイトのHDDに詰まっていた。

 そのうちおよそ1テラバイト分のデータはバックアップ無し。壊れる少し前に故障の前触れを見つけていたにもかかわらず、油断していてデータを完全に失ってしまった。その顛末から、ドライブ不調時にどうするかを紹介しよう。

 残念ながら、記事の結論に目新しさはない。業務用のPCは企業によって運用がさまざまだろうが、個人で使うPCのようにローカルデータをため込んでいる環境だったら、結局は「きちんとバックアップを取りましょう」が結論になる。

 慎重に取り扱っていたとしても、HDDの故障は防ぎようがない。今だと、2テラバイトの外付けHDDが1万円以下で買える。特別なバックアップソフトを使わなくても、取りあえず外付けHDDを接続してファイルをコピーすれば済む。故障で慌てないためには、けちらず、面倒くさがらず、バックアップする、それしかない。

「まだ使えるだろう」の油断で全て消失

 HDDの壊れ方にはいくつものパターンがある。ただ個人的な経験では、ある日突然PCの電源を入れたらいきなり壊れていたという例は少なく、事前に何らかの「予兆」があり、調子が悪いながらもある程度は使える状態が続いた後、完全に使えなくなってしまう例が多かった。そのため、壊れかけの間に、ある程度はデータを救い出せる。問題は、予兆から使えなくなるまでの時間の予測が付かないことだ。

 今回は故障した3テラバイトのHDDは、デスクトップPCの「Dドライブ」としてメインのデータ保存に使っていた。あるとき、Windows上でそのドライブが突然「見えなく」なった。「コンピューター」だけでなく「ディスクの管理」からも消えている。ずっと使っているHDDなのでPC内部の信号ケーブルが緩んだとは考えにくい。となると、これは故障の前触れだ。経験からそう判断した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら