電子メール(メール)は、現在最も広く一般的に普及しているコミュニケーション・ツールと言っても過言ではないだろう。利用時間では、「LINE」や「Facebook」といったSNSの方が長く、メールよりもSNSの方が連絡が取りやすいという利用者も増えている。しかし「誰でも使える」という点では、メールに分がある。

 例えば携帯電話には、もれなくメール機能が付いてくる。2015年6月に総務省が発表した携帯電話の契約数は1億4998万で、日本の人口を超えている。筆者のように3台(ガラケーとiPhone、Android)持ち歩いていたり、なかには5台以上使っているという利用者もいる。しかしそれは特殊なので、実態としては日本人のほぼ全員が持っていると言ってよい。つまり日本人ほぼ全員が“電子メールReady”な状態にあるわけだ。

 もう1つあるのはWebメールの普及。これによりメールアカウントを作成する手間も減っている。米グーグルの「Gmail」や米マイクロソフトの「Outlook.com」など、Webメールであれば比較的手軽にメールアカウントを作成できる。

 こうしたWebメールサービスに限らず、SNSやオンラインショップなど、大半のサービスがメールをアカウントの認証に利用している。その結果として、メールは一種の社会インフラとして機能している状況にある。これも、誰もが使えるツールであればこそと言えるだろう。

メールが届くには時間がかかる

 しかし、これだけ普及している割に、意外にその仕組みについては知られていないのが現状だろう。例えばメールは送信した瞬間に届くと思われがちだが、実際にはそれなりの遅れがある。1990年代のインターネット初期にメールを使ったユーザーであれば、場合によっては1時間から1日近くかかってようやく届いたなどという経験もあるだろう。電話でメールを送る約束をして、話しているうちに届けば、「おお、結構ネットワーク的に近いですね」などと会話した記憶もある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら