昨今の第3次人工知能(AI)ブームは一段落するどころか、ますます勢いを強めつつある。7月に入ってITproで掲載した人工知能関連の記事を見ても、話題は多岐にわたる。以下はほんの一例である。

みずほ銀行が「Pepper入行式」を実施、5店舗で効果検証を開始
→Pepper活用の第2段階として、IBMの質問応答システム「Watson」を利用したコンサルティングロボットとしての展開を検討

「創業100年の革新に向け、最新ITを駆使」、ヤマトHDの木川会長
→構築中の次期基幹システム「第8次NEKOシステム」では人工知能のような最先端テクノロジーを駆使したい

Microsoft、クラウド反撃の切り札は「Cortana」
→機械学習などを備えるインテリジェントクラウド「Cortana Analytics Suite」を発表

人工知能で動画もビッグデータ解析、ロボットの眼をヒトの視覚に近づける
→米国で人工知能を使ったコンピュータビジョンに注目集まる

人工知能が次のリーマンショックを防ぐ?銀行融資のリスク評価を瞬時に判定
→ローン審査に人工知能を取り入れる新興企業が米国で登場

 第3次AIブームの牽引役といえるディープラーニング(深層学習)の普及が進めば、人工知能の活用例はさらに広がるに違いない。

 そんな最中ではあるが、今回は前世紀の遺物にあえて触れてみたい。「第五世代コンピュータ(以下、第五世代)」である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら