スマートウオッチの本命「Apple Watch」が登場して2カ月。2014年に「Android Wear」対応のスマートウオッチが発売され、2015年にはApple Watchが世に出て、スマートウオッチ普及が始まるかと思ったが、どうもそうではないらしい。実際に使っている人に会うことも少ないし、話題にもならない。

 確かに、Apple Watchは高価で、気軽には購入できないし、iPhoneユーザーでなければ使えない。Android Wearも、Androidスマホがなければ使えない。そしてフル充電しても、そんなに長くは使えない。長くて2日、Apple Watchは1日半だ。どちらもできることは、スマホに届いた情報の通知、ユーザーの身体情報の測定といったところだ。

 というわけで、今のところ、できることの割に値段が高いとか、OSに縛られるとか、時計の割に頻繁に充電しないといけない、といったネガティブな面が見えてくる。どうも手が出しにくいのだ。

 筆者も、まだ機能も価格も中途半端と感じていたのだが、今年の2月末、ITproに掲載された「スマートウオッチ『Pebble』の新モデル、Kickstarterで予約殺到」という記事を見て、心が動いた。「バッテリー寿命は最長7日間」とあり、AndroidでもiOSでも動くという。価格も199ドルだ。

 早速、クラウドファンドサイトのKickstarterで申し込んだ。そして米ぺブル テクノロジーの「Pebble Time」というスマートウオッチを179ドルで2015年6月に受け取れる、ということになった。ちなみに、その後「Pebble Time」は2033万8986ドル(約24億5000万円)の資金を集め、Kickstarterの中でも最も資金を集めたのプロジェクトとなった(写真1)。

写真1●Kickstarterの「Pebble Time」のページ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら