「休日出勤」と聞くと、心底憂鬱になる人は多いだろう。ところが、世界を見渡すと休日出勤が当たり前の国がある。北欧のノルウェーだ。ではノルウェーの人々は憂鬱な気持ちで、休日出勤をこなしているのかと言えば、そんなことはない。むしろ、休日出勤してまで働くことで、「生産性が高まる」と思い込んでいる。

 そんな事実を知ったのは、ワークスアプリケーションズが主催した「日本・ノルウェーの働き方に関するメディアセミナー」でのことだった。このセミナーで、同社が実施した「日本及びノルウェーのオフィスワーカーを対象とした『働き方』に関する意識調査(*1)」の結果が、公表されたからだ。

*1 調査手法はインターネット調査、実施期間は2016年4月18日~2016年5月5日、回答者は20歳以上60歳未満の男女で合計436名(日本316名、ノルウェー120名)

 何はともあれ、調査結果を見てほしい。まずは、休日出勤の頻度に関する調査結果だ(図1)。

図1●休日出勤の頻度
出所:ワークスアプリケーションズが実施した「日本及びノルウェーのオフィスワーカーを対象とした『働き方』に関する意識調査」
[画像のクリックで拡大表示]

 ノルウェーでは休日出勤の頻度が高い。頻度が1カ月に3日以上になる回答者は、日本の6%に対してノルウェーは27.5%と、全体の4分の1以上を占めている。

 日本人の感覚からすると休日出勤は、「任された仕事が平日のうちに終わらず、仕方なくこなすもの」というマイナスイメージが強い。このため、休日出勤が多い働き方は生産性が低いと考えがちだ。図1の調査結果で日本人の休日出勤が少ないのは、こうした背景があるからだろう。

 その感覚から言えば、ノルウェーの働き方は生産性が低いということなる。では、ノルウェーの人々は自分たちの生産性について、どう感じているのか?その疑問に応える調査結果が、次のグラフだ(図2)。

[画像のクリックで拡大表示]
図2●労働生産性
出所:ワークスアプリケーションズが実施した「日本及びノルウェーのオフィスワーカーを対象とした『働き方』に関する意識調査」
[画像のクリックで拡大表示]

 「休日出勤が多い」にもかかわらず、ノルウェーの人々は勤務先や自分自身に対して、「生産性が高い」と感じているのだ。

 むしろ日本人のほうが「休日出勤がほとんどない」にもかかわらず、「生産性が低い」と感じてしまっている。これは一体、どういうわけか?それを解き明かすのが、次の2つの調査結果である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら