写真1●2015年5月に米PTCと米ThingWorxが開催したIoTイベント「LiveWorx 15」の基調講演会場。数千人が集まった

 米PTCとその子会社でIoT(モノのインターネット)アプリケーションの開発実行環境を手掛ける米ThingWorxがボストンで主催するイベント「LiveWorx 15」に参加することになった(写真1)。2015年5月4日から7日まで開かれるこのIoTイベントの参加に先立って、日本法人のPTCジャパンで事前説明会があった。

 そこで「イベント会場の室温は、現地の人にはちょうどいいようだが、日本人にはかなり寒い。だから厚手の服を持っていった方がよい」というアドバイスをもらった。

 日本人は寒がりなのかもしれない。記者は以前、夏の富士山に登ったことがあった。寒かったので、雨も降っていないのにレインウエアを着込んで歩くことにした。ところが同じ登山道を、Tシャツ1枚の外国人が歩いていく。寒そうなそぶりを見せず、登山を楽しむその様子に驚いた記憶がある。

 「今回も、それと同じような状況なのだろう」と納得。アドバイスを踏まえて、季節外れのフリースの上着を持って出かけた。着いた米国のイベント会場は肌寒かった。当初着ようと思っていたジャケットをフリースに代えて、イベント会場をわたり歩くことにした。休憩時間に出されるコーヒーはホットを選んで、暖を取ることもあった。

数千人の基調講演と大きな落差

 ただし、すべての講演が寒かったわけではない。基調講演は、著名な経済学者やIT関係者が登場するとあって数千人が集まり、熱気いっぱいだった。ところがその後、数百人規模の複数会場に分かれての講演に移ると、会場の寒さが気になり出した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら