IoT(Internet of Things)ブームが来ている。「FinTech」や「AI(人工知能)」のように、新聞でもIoTの文字を頻繁に目にする。IoTは、ITベンダーだけではなく、ITを活用する側にとってもこれから数年、大きなインパクトを与えるキーワードであることは間違いない。

 どの程度の盛り上がりなのか、プレスリリース検索サイトを使って調べてみた。すると2016年に入って約半年で、IoT関連の製品/サービスに関するプレスリリースは約180あった。営業日ベースで1日1.3本、IoT関連のプレスリリースが登場している換算になる。試しに「フィンテック/FinTech」を同じ期間で調べてみると、該当するプレスリリースは約50。IoTの盛り上がりは相当なものといえそうだ。

 記者もブームに乗ってみようと2016年に入り、IoT分野を集中的に取材している。ところがIoT製品/サービスを提供しているITベンダーに取材した際に「あれ、おかしい」と思うことが増えてきた。

 IoTに関連するプレスリリースを出しているITベンダーに取材に行くものの、「IoT関連の製品/サービスに注力するぞ」という強いメッセージや意欲を持った企業に、なかなか出会わないのだ。

 製品やサービスの販売目標やターゲットについて尋ねると、「当社の製品やサービスがIoTに生きるはずだ」「当社のこれまでの知見が、IoTにも活用できるのではないかと考えている」「IoTに役立ちそうなサービスなので、これから用途を見極めていきたい」といった具合の回答で、全般的に歯切れが悪い。

大きなビジネスチャンスに対して遠慮がちに

 企業がIoTを活用して新たなサービスを開発したり、業務に生かしたりするために、情報システムは必須だ。モノが取得したデータをインターネットを使って他のモノや人と接続し、新たな価値を生み出す仕組みがIoTだ。IoTそのものが情報システムの一部であり、情報システムなくしてIoTは成り立たない。

 これまで企業向けシステムを手がけてきたITベンダーにとって、IoTは大きなビジネスチャンスなのは間違いない。にもかかわらず、ITベンダーは何となく遠慮がちにIoTのビジネスを進めている。どうしてなのかを疑問に持ち、取材を進めてみると、その理由が明らかになってきた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら