写真1●ハーバード大学教授のマイケル・ポーター氏
[画像のクリックで拡大表示]

 IoT(Internet of Things)はコンセプト先行から現実になりつつある。そしてもはやIT用語の域を超え経営用語として影響力を持ち始めている。米ハーバード大学教授のマイケル・ポーター氏の講演を聴いて、その思いを強くした。

 先日、米国マサチューセッツ州ボストンで開催されたIoTイベント「LiveWorx 2015」(現地時間2015年5月4~7日)を取材した。このイベントはCAD/PLM(製品ライフサイクル管理)大手の米PTCとその傘下のIoTプラットフォームベンダー米ThingWorxが開催したもの。キーノートには、ハーバード大学教授のマイケル・ポーター氏とPTCのジェームス・ヘプルマン社長兼CEOが一緒に登壇し、IoTがビジネスに及ぼす影響について講演した。

写真2●米PTC社長兼CEOのジェームス・ヘプルマン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 実はこの二人、2014年11月に米『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌に「How Smart, Connected Products Are Transforming Competition」という論文を共同執筆している。日本でも『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2015年4月号に「接続機能を持つスマート製品が変える、IoT時代の競争戦略」という題名で翻訳が掲載されている。前もって翻訳は読んでいたが、両者の生のプレゼンを聴くとやはり説得力がある。ポーター氏は2015年3月まで20年にわたってPTCの取締役を務め、その後も戦略アドバイザーとして活動している。

 マイケル・ポーター氏といえば、1980年に発表した『競争の戦略』や85年の『競争優位の戦略』が有名だ(関連記事:ITのプロが知っておきたいビジネス理論の常識 経営戦略の定石って、語れますか?)。

 「ファイブフォース(5つの競争要因)」や「バリューチェーン」など独自の分析手法を提唱。30年余りにわたって経営戦略論をリードし続けている。日本の経営者の間でも、人気が高い。そのポーター氏はIoTをどう見ているのか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら