若い人たちの間でいったい何が起こっているのだろう。そう思ったのが、そもそものきっかけだった。個人的に参加していた初心者向けのプログラミング勉強会で「地方でやっていた営業の仕事を辞めて、プログラマになりたいと思って上京した。そのためにTECH::CAMPに通っている」と話す若い人に出会ったのだ。しかも一人だけでなく、立て続けに何人も。TECH::CAMPは短期集中型のプログラミング教育サービスである。どうも「プログラミングを習得して人生を変えたい」という空気が若い人たちの間にあるらしい。

教室の前の立て看板
看板の文言は通常の1カ月コースのものであり、私が参加したのは「イナズマ1週間コース」なので、実際には「人生を変える1週間」になる。
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、同サービスを作った真子就有氏にインタビューし、ITproに記事を掲載した(インタビュー&トーク ほとんどの人は300時間でプログラミングを習得できる、カギは「質問できる人が近くにいるか」)。真子氏はインタビューの中でTECH::CAMPを「プログラミング界のライザップ」になぞらえた。ライザップで強制的にダイエットできるように、強制的にプログラミングを学習できるとのこと。話を聞く限りは、とてもよさそうなサービスだ。

 しかし、外から見ているだけではサービスの本当の姿はわからない。ぼんやりと「受講できないかな」と思っていた。TECH::CAMPには、1カ月分のカリキュラムを1週間でこなす「イナズマ1週間」という超短期集中のコースがある。一方、今年のゴールデンウィークは有給休暇を2日取れば10連休が可能だ。そうだ、1週間コースなら通える!

 自分はプログラミングがまったく初めてというわけではない。プログラミングが「できる」と言っても「できない」と言ってもウソになってしまう微妙な実力だ。インターネットで検索しながらであれば、動くプログラムを何とか作れる程度。プロの実力には程遠い。また、ベンチャー系IT企業でよく使われているフレームワーク「Ruby on Rails」(以下、Rails)も自分できちんと触ったことはない。受講することで得るものは大きいだろうと判断し、税込み12万7400円の料金を支払った。もちろん自腹である。

 「Webアプリケーションコース」と「iPhoneアプリコース」があるが、自分が選択したのは前者。期間は5月1日から5月7日までの1週間だ。TECH::CAMPは、教室でオンライン教材を使って自習し、わからない点がある場合に教室のメンターに教えてもらう、というのが基本スタイルになっている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら