「アップルは大のお得意様。どんな無理難題を言われても、歯を食いしばって対応するしかない。ビジネスだからね」。

 国内のある電子部品メーカーの幹部が、苦笑いしながらこう話していたのをよく覚えている。米アップルのスマートフォン「iPhone」シリーズで最大級のヒットとなった「6」の量産に向け、国内の部品供給メーカーが好景気に沸いていた2014年ころのことだ。

 「無理難題とは何ですか」。こう尋ねると、この幹部は本音とも冗談ともつかない口調で答えた。「それは明かせないが、これだけは言える。アップルがいずれ落ち目になった時、『助けたい』と思う日本の部品メーカーは1社もない」――。

部品業界、アップル流に悩まされる

 最近、iPhone発売からの10年を総括する記事をよく目にする。読み終わると、いつも思い出すのがこの幹部の言葉だ。確かにiPhoneの登場をきっかけに、スマートフォンが携帯端末のみならず、あらゆるIT関連産業の新陳代謝を加速させた。マクロで見れば、スマホは消費者の最も身近な端末となり、様々なサービス市場を創出したといえる。

 ただ、その発展を支えてきた企業のアップルに対する思いは複雑だ。筆者がこの数年でよく取材していた携帯電話業界と電子部品業界。かたやiPhoneの販売、かたや内蔵部品の製造であり、両者は一見縁遠いように見える。だが、いずれの業界でも経営層が「iPhoneに関する取引は“不平等条約”のようなもの」とため息交じりに語るのを何度も聞いた。

 携帯電話業界で何が起こったかはITproの他の記事に譲り、ここでは電子部品業界とアップルの関係を振り返ってみる。一言でいえば日の丸部品メーカーの10年は、iPhoneによって”泣いたり笑ったり“だったといえよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら