写真1●2015年2月28日に山梨県・河口湖畔で開催された「インスタミート」の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年2月28日、山梨県の富士山麓にある河口湖へ行った。「インスタミート」と呼ばれる“撮影オフ会”を取材するためだ(写真1)。

 インスタミートとは、米フェイスブック傘下のスマートフォン向け写真共有サービスである「Instagram」のユーザーが集まるオフ会のこと。2015年2月の1カ月間で日本国内の47都道府県すべてでインスタミートを開催するという企画が立てられた。山梨県でのインスタミートはその最終回に当たる(関連記事:Instagramが日本全国100カ所で“撮影オフ会”、地方の魅力発信へ)。

 米インスタグラムは2014年12月、全世界で月間アクティブユーザー数が3億人を突破したと発表した。後発ながら、アクティブユーザー数でTwitterを上回ったとされる急成長中のサービスだ(関連記事:Instagramの月間アクティブユーザーが3億人突破、Twitterを上回る)。

 その急成長の秘密はいったい何なのか。インスタミートをじかに見てみると、その一端が分かるかもしれないと思い、インスタミートに参加してみることにした。

 加えて、イマドキのオフ会の様子を見てみたいという動機もあった。筆者は、かつてパソコン通信「NIFTY-Serve」(現@nifty)の熱心なユーザーで、オフ会にも参加したことがある。わざわざ「インスタミート」と銘打って大々的に企画された撮影会がどんなものなのか、その点も興味津々だった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら