グロースハッカーという言葉はこの数年で、インターネット業界を中心に浸透してきた。TwitterやFacebookなど指数関数的にユーザーを伸ばしているシリコンバレーの急成長企業が駆使している手法とあって、ネット企業が取り入れたくなるのは当然だろう。

 日本でも、「グロースハッカー募集」といった求人が増えたり、グロースハックの勉強会もよく開催されたりするようになってきた。筆者は、1年半前に『グロースハッカー』という書籍の編集を担当し、このたびバージョンアップした『グロースハッカー第2版』も担当したので、グロースハッカーの浸透をとてもうれしく思う。

 今回は、改めてグロースハッカーとは何者なのかということと、ブームのように取り上げられたために一部で広がったグロースハッカーをめぐる誤解について考えていきたい。

グロースハッカーは「科学的」にユーザーを増やす

グロースハッカーとは、簡単に言えば「急成長請負人」だ。『グロースハッカー第2版』ではこう定義している。

 グロースハッカーは、伝統的なマーケティング戦略を放棄し、検証・追跡・測定が可能なものだけを用いる。彼らの武器は、CMや宣伝や資金ではなく、電子メール、PPC(ペイパークリック)、ブログ、プラットフォームAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)だ。古い世代のマーケターが“ブランディング”や“マインドシェア”などの漠然としたものを追い回している間、グロースハッカーはひたすらユーザーと成長とを追跡する。そして、戦略が当たればユーザーがユーザーを引き込む連鎖反応が生まれる。グロースハッカーとは、自立し、自己増殖する成長マシンの発明者であり、オペレーターであり、整備士だ。この成長マシンが新興企業を成功に導くのだ。

――『グロースハッカー第2版』 イントロダクションより

 ここに書かれているように、グロースハッカーはA/Bテストなどから実際にユーザーの反応を測定する。ユーザーがクリックしたり、登録したりしたくなる効果のあるデザイン、機能、キャッチコピーを検証して採用する。そうして、確実に効果がある施策を使って、やみくもにお金をかけることなく、科学的にユーザー数を伸ばすという画期的なマーケティング手法なのだ。

 かつてのように、机の前でマーケターがキャッチコピーを考えて、悩み、一つに絞ってWebサイトやメルマガ、広告に掲載して終わりというのではない。嗜好がどんどん変わるユーザーがどんなコピーを好むのか仮説を立て、結果を検証し、その結果を次に生かしていくのである。

 ただし、「グロースハッカー」や「グロースハック」という言葉がバズワードのように話題になった結果、最近ではA/Bテストばかりに打ち込んで効果が出なかったり、費用をかけてはいけないと思い込んだりするようなケースも出ているようだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら