昨年末、iPhone 6の無線通信技術の実装を詳しく調べる機会があった。日経NETWORK 2015年2月号の特集1「スマホのなかみ」で、iPhone 6の実装を例にLTEスマホの仕組みを解説するためだ。

 その調査の過程で明らかになったのは、RF(高周波無線)の実装にも世の中の大勢に流されずに、独自の道を歩む米アップルの頑固さが良く表れていること。アップルのモノづくりに対する考え方のヒントになるので、ぜひ紹介したい。

スマホの基本構造

 その前に、スマートフォンがどのような構造になっているのか、簡単に把握しておこう。LTEなどのモバイル通信機能を中心に、スマートフォンの構造を単純化すると図1のようになる。

図1●スマートフォンの主要要素と送信処理
スマートフォンを構成する要素のうち、主にLTEなどのモバイル通信に関わるものを図示した。フィルターやPA、デュプレクサーは、実際にはバンドやモードごとに個別に用意する。また、受信側で使われるLNA(Low Noise Amplifier)は、最近はRFトランシーバーに含まれるため省略した。
[画像のクリックで拡大表示]

 主な構成要素は、アプリケーションプロセッサー、ベースバンドプロセッサー、RFトランシーバー、パワーアンプ、フィルター、デュプレクサー、アンテナスイッチ、アンテナである(それぞれの役割は図を参照してほしい)。

 こうした基本的な構成は、どのスマートフォンでも同じとなる。ただし、どの要素を個別の部品とするか、あるいはどの要素を統合して1個のモジュールとするかは、スマホメーカーの設計思想が如実に表れる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら