「こんなことを言うのは何ですが独りで真剣な顔をして踊っている姿を見たら胸に迫るものがあって思わず涙ぐみました」。ある情報企業の幹部はこう語った。「夢を見ているような90分間でした。ずっと叫んでいたので声がすっかりしわがれました」。別のIT企業の役員の述懐である。共にいい歳であるにも関わらず美少女の歌と踊りを見聞きして泣き、叫んだ。

 学芸会で娘の演技を見て感じ入ったわけではない。2人はファンクラブに入り、抽選に申し込み、2万円の切符を買い、新幹線に4時間乗って、美少女3人組が出るはずの公演に行き、会場周辺で配られたペンダントを首にかけ、黒い仮面をかぶり、黒い礼服を着込み、そして涙ぐみ、叫んだ。共に社業で大事を抱え、平日は業務に追われながらも、2017年12月2日の土曜日、公演会場にたどり着いた。2人の行動を参考にしつつ、重要な仕事を前に、プロとしてとるべき姿勢を考えてみたい。

「あの聖地で、聖なる人が聖なる神へと生まれ変わる」

 自ら望んで行動しているわけだが情報企業の幹部は美少女3人組のファンであることをひた隠しにしている。会社名や人名はともかくある程度、具体的に書きたいのだが、事前に相談したところ「私だと特定される記述は何としても控えていただけませんか」と懇願されてしまった。

 さっさと洗いざらい書いてしまいたい気持ちになるものの、その後何度打診しても彼の頑な姿勢は変わらないので本稿では単に「幹部」としておく。それにしても昨年12月2日は彼にとって1年の中で最良の日であったと思われる。『LEGEND-S-洗礼の儀』と名付けられた公演に参加でき、「あの聖地で、聖なる人が聖なる神へと生まれ変わる」儀式に参列できたからだ。

 まるで新興宗教のようだがそうではないので説明する。「聖なる人」とは美少女3人組BABYMETALのボーカリストSU-METAL、「あの聖地」とは彼女の生誕地広島を指す。昨年12月20日、SU-METALは20歳になったが、成人に先立ち、2010年の結成以来初めて故郷の広島で公演した。SU-METALが「聖なる神へと生まれ変わる」洗礼の儀の会場は広島グリーンアリーナ(広島県立体育館)であった。

 初公演と言えば余談になるが英国のロックバンド、レッド・ツェッペリンが1971年に初来日し、東京と大阪の他に広島で公演し、広島公演の売り上げを広島市に寄付した。その時の会場が広島県立体育館であった。ただし広島グリーンアリーナはまだ建設されていなかった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら