年末年始にもなると、書店には2014年の総括や2015年の予想を特集したタイトルが並ぶ。日経ソフトウエアもご多分に漏れず「2015年はこれが来る!ヒット技術予測ランキング」という特集を最新号(2015年3月号)に掲載した。

 特集を企画するに当たって、最新技術に詳しい技術者十数人に今年の注目製品をリサーチさせていただいたのだが、筆者は少々面食らってしまった。それは、Webアプリやスマホアプリを開発している複数人の技術者が、注目したい製品に米Microsoftの製品群を挙げたからだ。

 実は筆者は、この分野でMicrosoftの製品群を注目していなかった。日経ソフトウエアの主な読者層である個人開発者が、Microsoftの製品群を使って小規模なWebアプリやスマホアプリを開発するイメージが思い浮かばなかったからだ。しかし、取材をすればするほど「2015年はMicrosoftの製品群に注目」という思いを強くした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら