日本のソフト産業代表を標榜する日本IT団体連盟(IT連盟)が、7月下旬にも設立される。コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)の荻原紀男会長が、同協会総会後の懇親会で述べた。

 全国地域情報産業団体連合会(ANIA)や全国ソフトウェア協同組合連合会(JASPA)、日本情報技術取引所(JIET)など18団体が加盟し、会長候補に次世代のIT産業をけん引する新興企業の名前も挙がっているという。クラウドやAI、IoT、ビックデータなどを展開する新興企業をトップに据えるのは、既存団体との差異化を図る有効な手に思える。

 200以上あると言われているIT関連団体の連合体を目指すIT連盟は、世界最先端のIT社会の実現を目的にする。その一環で、IT関連施策を政府に提言したり、IT教育やIT人材育成を推進したり、サイバーセキュリティ強化の活動を展開したりする計画だ。当初、15年12月中にも設立する予定だったが、関係団体や会長人事などの調整が難航し、大きくずれ込んだようだ。もしかしたら、主導権争いもあったのかもしれない。

 たとえば、500社以上の受託ソフト開発会社などが加盟する情報サービス産業協会(JISA)は事実上、参加を断った。ソフト開発などITサービスを代表する団体との自負もあるのだろうが、あるJISA会員は「目的がころころ変わる」などと、設立趣旨の不明確さを指摘する。

 JISAの会長に昨年就いた東京海上日動火災出身の横塚祐志氏が、会員各社に伝統的な受託ソフト開発からの構造転換を促し、その実行を重要課題の1つに挙げていることも、不参加の理由かもしれない。

 大手ITベンダーも所属する電子情報技術産業協会(JEITA)も、IT連盟に加盟しない模様だ。IT連盟を推進するあるIT企業は「JEITAはハードウエア中心なので、IT連盟とは関係ない」と声をかけない理由を話す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら