2014年11月29日、第41回情報化研究会を日本科学未来館で開催した。25人が参加(写真1)。メインのテーマは格安SIMとSIMフリースマートフォンである。筆者とITライター&コラムニストの青木恵美さん、ソフトフォンの開発を手掛けるAgeetの猫田康徳さんの3人が講演した。

写真1●第41回情報化研究会での記念写真
[画像のクリックで拡大表示]

 参加者の中にも格安SIMを使い込んでいる方がいて、議論が盛り上がった。中にはSIMを10枚、スマホやタブレットを7台持っているという猛者もいた。

 さて、本論に入ろう。日本でのiPhone人気は、iPhone 6の売れ行きを見る限り衰えを知らないようだ。筆者もiPhoneを使い始めて4年余りになる。キャリアは異なるが家族も5人全員がiPhoneを使っている。正直、iPhoneファンである。だが、そろそろ個人も企業も脱・iPhoneを考えるべきだと思っている。

SIMフリーiPhoneはFreeではない

 その理由の第一は格安SIMとともにSIMフリースマートフォン(以下、SIFS)が存在感を高めていることである。月2GBのデータ通信容量と通話定額で最低でも6000円程度の料金がかかる大手携帯会社のプランに対して、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する格安SIMでは2GBのデータ通信+従量制音声通信で月額1600円というものもある。あまり通話しないユーザーにとっては有利なプランだ。

 しかし、SIMだけではサービスは使えない。端末が必要だ。自社専用端末を持たないMVNOは、格安SIMとSIFSをセットにして提供し始めた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら