2015年11月21日、恒例の秋の情報化研究会を日本科学未来館で開催した(写真1)。筆者は「IPテレフォニーの最先端とその近未来像」と題してマクロな講演をした。ソフトフォン専業ベンチャーであるageetの代表取締役 岡崎 昌人さんには「スマホde企業電話」というテーマで、ミクロに立ち入ったソフトフォンの応用について話していただいた。ソフトフォンの仕組みを絵にしたのが図1である。

写真1●秋の情報化研究会の参加者(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]
図1●ソフトフォンの仕組み
出所:ageet
[画像のクリックで拡大表示]

 ageetのソフトフォンは180ものパラメーターを内部に持っており、パラメーター変更のみで様々なIP-PBXや通話サービスに接続できるのが強みだという。NTT西日本をはじめ、多くのサービスやIP電話サーバーと接続実績がある。ソフトフォンの奥深さが分る面白い講演であった。

 さて、本論に入ろう。今年の春まで、家族6人ともiPhoneユーザーだった。離れて暮らす家族同士でFaceTimeをけっこうよく使っていた。こっちも、向こうもWi-Fi環境でスピードが出ているときは映像もきれいだし、回線が遅く映像の動きが悪いときでも音質はいいので重宝していた。

 ところが、妻がiPhoneを解約し、安いSIMフリースマートフォン(データ専用)とソフトバンクのフィーチャーフォン(電話専用)に代えたため事情が変わった。AndroidなのでFaceTimeが使えなくなったのだ。

安いスマホでもいい音質

 そこでビデオ通話はAndroidでも、iOSでも使えるLINEに乗り換えた。もともと家族間でLINEのインスタントメッセージ機能をよく使っており、メッセージや写真・ビデオのやり取りが頻繁にある。

 妻のSIMフリースマホは2万3000円のファーウェイ製Ascend G620Sである。高級なiPhoneと比べて音質が悪いのではないかと思いつつ、LINEのビデオ通話を使った。ところが、予想に反して音質が良く映像の動きも滑らかなのである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら