企業ネットワークの歴史は、技術革新と新しい回線サービスによるコスト削減と速度向上の歴史だったと言える。東海道新幹線は速度が上がる度に料金が高くなったが、ネットワークは1990年代と比較してスピードが2桁速くなって料金は逆に1桁安くなった。独占市場と競争市場の違いが鮮やかに表れている。

 ネットワークの低価格化はすさまじく、もはやコスト削減の余地はないとみている企業は多い。しかし今こそさらなる費用削減のチャンスなのだ。

コスト削減の源泉

 コスト削減の源泉は2つある。モバイルシフトと固定回線の見直しだ。モバイルシフトとは固定回線に対して相対的に安価になったLTEなどのモバイル回線をメイン回線として使うことだ。既にパソコンの3分の2以上を常時モバイルで使用するといった事例がある。社員の一部が外出先からリモートアクセスのためにモバイルを使うのではなく、社内・社外を問わず常にモバイルを使う。

 固定回線の見直しで効果が出るのは「もうコスト削減の余地はない」という先入観からか、10年近くそのままという企業が多いからだ。確かに2009年7月にKDDIがWide Area Virtual Switchの提供を始めて以降、革新的と言えるサービスは登場していない。しかし、固定回線でも競争は続いており、相対契約で決まるIP-VPNや広域イーサネットの相場は安くなっている。

 どの程度コストを削減できるか、筆者は提案書に3つのグラフを並べて示す。左のグラフには現在のネットワークの月額費用とその内訳を示す。7割から8割を回線が占め、残りが保守や運用などの費用である。

 モバイルシフトや固定回線見直しでコスト削減を図り、その結果を2つ目の棒グラフとして示す。筆者のグラフの特徴はネットワークを更改するための設計・試験・構築の費用も月額化していることだ。3年から6年の期間で支払っていただくのである。これらの費用を加えても、20%から40%の費用を削減できるケースが多い。

 イニシャルコストゼロで毎月払っていた費用が安くなり、より広帯域でモバイルによる付加価値も出せるネットワークが手に入ることになる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら