この連載では、仕事を成功させるための思考術を扱っている。前回まで2回にわたって「思想も志も見えてこない仕事」をテーマに説明した。「失敗をもたらす10のダメ仕事」は次の通りである。

失敗をもたらす10のダメ仕事

    (1)目的が曖昧で作業手順がいい加減な仕事
    (2)情報が不足し鮮度も悪い仕事
    (3)他人をないがしろにする仕事
    (4)素人の浅知恵で判断する仕事
    (5)発想が貧困でつまらない仕事
    (6)自分の考えに酔いしれる仕事
    (7)社内調整が甘い仕事
    (8)資料が非論理的で分からない仕事
    (9)説明のつじつまが合っていない仕事
    (10)思想も志も見えてこない仕事

 1年以上にわたって、(1)~(10)のダメ仕事について説明した。事例においては、企業や業務、登場人物の設定を変えてはいるものの、基本的には実際にあったエピソードを紹介してきた。

「ダメ仕事」をしないために必要なことは何か

 ダメ仕事ではなく、良い仕事をするためには、いくつかの要素が必要だ。筆者が重要だと思うことは三つある。一つは、「技能の習得」、二つめは「経験の蓄積」、残りの一つは「自己成長意欲」である。

 仕事では、様々な場面で「技能」を駆使する必要がある。技能とは、たとえば「分かりやすい文章を書く」、「説得できる説明をする」、「他人の考えていることを知る」のようなことだ。これらの技能は、簡単に身に付くものではない。

 技能を身に付けるためには、多くの経験を積み上げることが必要になる。だが、どんな経験でもよい訳ではない。場当たり的に仕事をしたり、人に言われたことを機械的にこなしたりしても、有用な技能は習得できないのだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら