NTT東日本とNTT西日本は2017年11月30日、フレッツ光の提供エリアにおける「フレッツ・ADSL」の提供終了、ならびに同エリアにおける「フレッツ・ISDN」の新規申し込みの受付終了を発表した。

 フレッツ光提供エリアでは、2016年6月30日にフレッツ・ADSLの新規申し込みの受け付けを終了していた。サービス提供終了は2023年1月31日を予定する。「保守物品の枯渇」や「利用者のさらなる減少」が見込まれることを理由に挙げる。フレッツ光の未提供エリアでは、サービス提供を継続する。

 NTT東西はフレッツ・ADSLの利用者に対し、「フレッツ光」または「光コラボレーションモデル」の光アクセスサービスへの移行検討を呼びかける。フレッツ光などに移行した場合の料金は、加入電話も同時にひかり電話に移行すれば、大半は現状より割安になると説明する。そうでないケースでも、「フレッツ光ライト」など従量制サービスを利用することで、現状より安価になるとした。

図1●料金比較例(NTT東日本、事務用)
(出所:NTT東西、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●料金比較例(NTT東日本、住宅用)
[画像のクリックで拡大表示]
図3●料金比較例(NTT西日本、事務用)
[画像のクリックで拡大表示]
図4●料金比較例(NTT西日本、住宅用)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら