米Qualcommは2017年11月8日(米国時間)、英Armのアーキテクチャを採用したサーバー用SoC(System on a Chip)「Centriq 2400」の出荷を開始したと発表した。QualcommのPaul Jacobs会長は米サンノゼで開催した記者会見で「10ナノメートルのプロセスで製造された世界初のデータセンター向けチップだ」と強調。米Intelの「Xeon」に挑戦する姿勢を見せた(写真1)。

写真1●米QualcommのPaul Jacobs会長
[画像のクリックで拡大表示]

 Centriq 2400はQualcommが独自に開発したCPUコア「Falkor」を最大48個搭載したサーバー用SoCで、64ビット命令セットである「ARMv8」に対応。398平方ミリメートルのダイに180億個以上のトランジスターを搭載する。半導体の製造は韓国サムスン電子だ。48コアを搭載する「Centriq 2460」、46コアの「Centriq 2452」、40コアの「Centriq 2434」の3製品がある。価格は、48コアのCentriq 2460で1995ドルなど。

 サーバー用のARMプロセッサはこれまで、「消費電力は少ないが非力」という印象があった。しかしQualcommの子会社である米Qualcomm Datacenter Technologies(QDT)のAnand Chandrasekherシニア・バイス・プレジデントは、最大2.6GHzで動作するCPUコアを48個搭載するCentriq 2400の性能は、Intelが2017年第3四半期に出荷したばかりの「Xeon Scalable Processor」に匹敵すると主張した(写真2)。

写真2●Xeonとの性能比較を説明するAnand Chandrasekher氏
[画像のクリックで拡大表示]

性能は同等で価格は半分以下

 Qualcommが、48コアを搭載しTDP(熱設計電力、実使用上の最大消費電力)が120WであるCentriq 2460と、24コアを搭載しTDPが150Wである「Xeon Platinum 8160」の性能を比較したところ、整数演算のベンチマークである「SPECint」の結果でCentriqがXeonを7%、浮動小数点演算のベンチマークである「SPECfp」の結果でCentriqがXeonを13%、それぞれ上回ったとしている。

 同社がこの2モデルを比較したのは、プログラムの実行単位である「スレッド」の数がどちらも48であり、TDPの値も近いためだ。しかし両者の価格は大きく異なる。Centriq 2460の価格が1995ドルに対し、Xeon Platinum 8160の価格は4700ドルである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら