Mozillaは2017年10月31日、WebブラウザーFirefoxの次期バージョンに関する記者説明会を開催し、従来比で2倍高速化を図った「Firefox Quantum」をリリースすると発表した。同社が注力してきたブラウザー高速化プロジェクト「Project Quantum」に基づくもので、リリース日は11月14日だ。なお、Firefox Quantumはプロジェクトの名称であり、バージョンで記すと「Firefox 57」となる。

 コアブラウザ担当 プロダクト管理ディレクターであるJeff Griffiths氏は、「近年、Firefoxのシェアが低下し、巻き返しを図るために2年間をかけて開発した」と説明。続けて、「2年間の取り組みこそが『Project Quantum』だ。9月末のベータ版公開時から様々なメディアで高い評価を受け、パフォーマンスの違いを実感してもらえている」と、新ブラウザーのパフォーマンスに自信をのぞかせた。

Mozillaのコアブラウザ担当 プロダクト管理ディレクター Jeff Griffiths氏
(撮影:林 徹、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
北米で展開したMozillaの屋外広告。シェア奪還のために様々な取り組みをしているという
[画像のクリックで拡大表示]

 Griffiths氏はFirefox Quantumと旧バージョンのFirefox 52を比較し、レンダリングエンジンがSpeedometer 2.0での比較で2倍の高速化が図られたことを説明。実際のロード時間についても、Chromeとの比較ビデオではやや劣るものもあるが、全体としては短時間である、とした。高速化は、マルチCPUコアを前提としたRust言語で開発したCSSエンジン「Stylo」の採用をはじめ、CPUコアやメモリー利用の最適化によって実現しているという。

 ただし、Griffiths氏は「(バージョン 57では)すべてのQuantumの機能を盛り込むことはできていない」と述べ、さらに、「今後、半年から1年かけて、より速いブラウザにしていく」と方向性を示した。

メモリーを使いすぎないようにすることが高速化につながるという
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら