ソニーネットワークコミュニケーションズは2017年10月24日、MVNE(仮想移動体通信支援業者)サービスでソフトバンク回線の提供を開始したと発表した。

 MVNEは、MVNO(仮想移動体通信事業者)に対してネットワーク接続や課金などの機能を提供し、ビジネスを支援する事業者である。同社は既にMVNOに対し、NTTドコモ回線の提供とMVNO参入のサポートなどを手がけている。今回新たに、同社のネットワークとソフトバンクのネットワークの接続(レイヤー2接続)が完了し、ソフトバンク回線の提供を開始した。これにより、ソニーネットワークコミュニケーションズと連携しているMVNOは、ドコモ回線を使うサービスとソフトバンク回線を使うサービスの両方をエンドユーザーに提供可能になる。

 MVNOに対しては、SIMフリー端末で使えるSIMカード(2017年8月以降に発売されたソフトバンクブランドの端末でも利用可能)と、ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhoneとiPadでSIMロック解除の手続きをせずに使えるSIMカードを提供する。また、ソフトバンクのOTA機能(無線ネットワークを利用してSIMカードに電話番号などの情報を書き込む機能)を利用し、店頭での即日開通やユーザー自身によるMNP(モバイル番号ポータビリティー)開通作業を可能とするスキームを提供する。

ソニーネットワークコミュニケーションズのMVNE事業の概要
(出所:ソニーネットワークコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーネットワークコミュニケーションズはMVNOとしてモバイルサービス「nuroモバイル」も手がけているが、このサービスのソフトバンク回線への対応は検討中で、時期は未定だという。