エリクソン・ジャパンは2017年10月19日、都内で事業戦略説明会を開催した。同社代表取締役社長のマイケル・エリクソン氏は、「5G、IOT、クラウドがもたらす未来」と題したプレゼンテーションで、今後、同社がターゲットする市場と戦略を説明した。

エリクソン・ジャパン代表取締役社長のマイケル・エリクソン氏
(撮影:下玉利 尚明、以下、同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 エリクソン氏は、まずテレコムの市場を概観し、「2022年までには、モバイルブロードバンドの加入者が新たに26億人に増加する」と示し、通信事業サービスに対する需要は堅調に伸びていくことを説明した。さらに、モバイルブロードバンドの需要増は経済成長にも影響すると指摘。「10%のモバイルブロードバンド需要の増加が、少なくとも0.6~2.8%の経済成長を促す」という見解を示した。

 テレコム市場が堅調に推移していく中で、テクノロジーの進展により新たな産業も形成されていく。エリクソン氏は、「無線の進化」、「クラウド技術」、ネットワークスライシングなどの技術による「プログラム可能なネットワーク」、人工知能(AI)などによる「アナリティクス」、そして「自動化」の5つを「最新の技術の波である」と説明した。これらのテクノロジーが5Gを活用した新たな産業を生み出していくという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら