華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2017年10月10日、新製品発表会を開催し、SIMロックフリースマートフォンの新製品「honor 9」を国内発表した(写真1)。

写真1●ファーウェイが「honor 9」を発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 honor 9は、国内4社のMVNOが10月12日に発売する。価格は5万3800円(税別)と発表された。

1万3000台のhonorを廃棄したことも

 発表会には、ジャパン・コリアリージョンのデバイスプレジデントを務める呉波(ゴ・ハ)氏が登壇(写真2)。honor 9について、「スマートフォンのファッションリーダーになることを期待している」と語った。

写真2●ファーウェイ ジャパン・コリアリージョン デバイスプレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏
[画像のクリックで拡大表示]

 honorブランドについて呉氏は、「これまで一貫して若者をターゲットにしてきたが、年齢とは関係なく、フレッシュな体験を求める人に向けたブランドだ」と紹介した。

 特に、製品の品質には妥協せず、厳しく管理してきたという。その具体的な事例として、「honorの運送中にトラックのタイヤから出火したことがあった。ほとんどの端末には問題なかったが、ユーザー体験を保証するために1万3000台、3億円相当の端末を破棄したことがある」(呉氏)とのエピソードを明かした(写真3)。

写真3●1万3000台の端末を廃棄
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品のhonor 9については、「honor 8のデザインDNAを受け継ぎ、3D曲面ガラスを新たに採用した。新色のグレイシアグレーを日本市場に投入する」(呉氏)と紹介した(写真4)。

写真4●honor 9(グレイシアグレー色)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら